未だ初心者リスナー

私は、スピッツは「青い車」でなんとなく存在を知って、「ロビンソン」とアルバム「空の飛び方」でファンになって、そういう感じなので、スピッツがロックだというと最初は意外だったのですが、ロッキンオンジャパンスピッツ特集の山崎洋一郎さんの初めの文章や中込智子さんの過去のアルバムのレビューや、スヌーザー田中宗一郎さんの「日本のオルタナロックの祖」というコメントや(スピカの頃と思われます)、中村一義さんの「犬と猫」に寄せた渋谷陽一さんの文章にも登場したりしていて、そういうものを読んで、音がどうとかはわからないのですが、日本のロックバンドとして大きな存在のバンドなのだろうなあ、と思って聴いてきました。文化としてのロックと商業的なロックと商業的なポップスがあったら、ミスチルは全部が同じくらいあって、B'zは商業的ロック色が強そうで文化としてのロックもあって、スピッツは文化的にロックの精神を持ちつつ有名な曲がポップな曲が多いから、音楽を売るところではポップスに分類されてしまうのではないかと思います。

スピッツの曲は、ゴダイゴとかチューリップとかぽい、というか、それぞれのバンドの曲の中の、そういう感じの曲が私は好きで、ロックバンドのポップスが好きということなのかよくわかりませんが、違う感じが好きになるかもしれないし、考えないで聴こうと思います。

そういうキレイめスピッツが好きな私ですが、過去の奇妙奇天烈エピソード、ある方がなんか安心するので(^^;、面白い話いっぱい聞きたいです。