思い出話に花が咲く

1994年の私は小倉で予備校生活をしたのですが、この、浪人生の身分が、ずっと続いている敷かれたレールからちょっと降りる感じで、でもすぐ戻ります、みたいな、勉強したい人はしていて、それぞれな人がいて、自分にとってちょうどいい自由な気持ちでいられた年でした。
TV大好きだったのに、人生でこの一年だけTVの無い環境だったので、CDラジカセでラジオをけっこう聴いて、友達に影響されてcrossFMをよく聴いていました。
あとは音楽は、今まで持っていたCDと、ミスチルの「Atomic Heart」を借りてダビングして、カセットの余った時間の分のところにジュディマリの「Hello!Orange Sunshine/RADIO」のシングルを入れたものと、小沢健二さんの「LIFE」(これも借りてダビング)をよく聴きました。
スピッツはこの年に「青い車」で知りました。スパイラルライフのシングルとランキングに同時に入っていて、当時、どっちがどっちだったかな?という感じで、どちらも聴き心地がよくていいなぁと思っていました。
あと、L↔︎Rの「REMEMBER」がFMやコンビニとかですごく流れていた記憶があります。この曲もいいなぁと思っていました。

…と、先日のドドドーンライブの情報を追っていたら、どんどん思い出してきました。

今はエレカシの「風と共に」をよく聴いています。