未だ初心者リスナー2

先日のロック大陸漫遊記で、マサムネさんが産業ロックと分類されたものを肯定的に紹介されていたので、初心者リスナーの私が思ったのは、亀田さんや椎名林檎さんが作る音楽が今、最大の産業ロックだと思いました。なぜかと言うと、椎名林檎さんが、私はこんな音楽聴かない、とご自分の作った音楽のことを言われていたからです。自分のやりたい音楽ではなく、世間の求めているものを考えて作られているのかな?と思ったからです。ユーミンの「真夏の夜の夢」などは大衆音楽を楽しんで作られている感じがなんか伝わってくる気がするので(あくまで個人の感想ですm(_ _)m)、そういう感じと違って、こういうのを望んでいるんでしょ?みたいな、秀才さんが、テストに出るところを完璧に覚えて満点とりました、みたいな感じが聴いていてしてきます。スピッツも、「小さな生き物」のMV見た時、あれ( ̄▽ ̄;)?こんな感じになりたかったのか…て壁を感じて、その辺りのアルバム、持ってなくて、この前アルバム『小さな生き物』アマゾンで買ってみたのですが、なんかサイズも大きくて馴染まなくて、私の同級生の娘さん、高校生なのですが、スピッツファンだというのであげました。きっと大事に聴いてくれていると思います。亀田さんになってから好きじゃなくなったのかな、と思うので言っているのですが、『さざなみCD』も『醒めない』も好きなので、それだけではないようですが、でも、皆さん、スゴい方なのだという事実はちゃんと認識しております、ごめんなさいm(_ _)m