うれしい毎日

日曜は大体前日の向上委員会を録画していたのを見てその後仕事に行く感じなのですが、昨日はSONGSも見て、仕事も予約が入っていたりして忙しかったのでスマホもあまり見られませんでした。
最近のTVが、うたコンのカーリングシトーンズ宮本浩次さん共演とSONGSも槇原敬之さんや真心さんが出られたり、有吉ジャポンも面白かったし、この前スピッツ小沢健二さんで盆と正月が来たと思っていたら、さらに夏休みと有給休暇ともぐもぐタイムとかコーヒーブレイクとかアフタヌーンティーとかリラックスバスタイムとかいろんなものが一緒に来たような感じになり大変うれしい今日この頃です。(だんだんたとえが食べてゆっくりするだけになっている…)

小沢健二さんの曲は、自分にとっては、大衆が読むことを意識してそれも上からでなく自分も同じという位置で書こうとしてくださっていて偏らず軽やかで楽しくでもやっぱり育ちやセンスが出てしまっていてきちんとした文章で書かれている三島由紀夫のエッセイを読むのと同じ感じで聴いているので、それを思うとただただ作品や表現自体を楽しんで、自分に必要なものを得られたらいいなと思います。

宮本浩次さんの「冬の花」はちゃんと聴いたのは初めてでしたが「ああわたしが負けるわけがない」というところがとても好きです。

スピッツのツアーが始まり、情報探しの毎日です。見に行く来年とても楽しみです٩( 'ω' )و✨